山田 聡子のギャラリー凜(北名古屋市)

鬱陶しい梅雨時を少しでも快適に。

鬱陶しい梅雨時を少しでも心地よくしたくて、庭の花を家に挿しました。

白磁の水盤は愛媛県、砥部焼 八瑞窯 白潟八洲彦さん作。花はルドベキア(キク科)。

白磁の高さがある花器はやはり白潟八洲彦さん作。花はアパガンサス、紫の葡萄の房のような花はブッドレア、葉はフジバカマ、

黒っぽい一輪挿しは四日市、萬古焼、醉月窯 清水潤さん作。

ブッドレアにシダを合わせました。この一輪挿しは、炭を使っているから、この黒っぽい色になるそう。抗菌作用があるのか、花もちが良いのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集