山田 聡子のギャラリー凜(北名古屋市)

お母さんやおばあちゃんの古いお着物、どうする?

お母さんや、おばあちゃんの着物、どうされていますか?
 
着物って不思議なもので、自分には似合わないと思う色柄でも着てみると不思議と似合うものです。
 
私が持っている着物には、姑や母のお下がりが多いです。
 
日本舞踊を教えていた姑は、着物好きで、姑の箪笥にはたくさんの着物がありました。
 
私は、最初はそれらの着物を見た時、整理するだけでも大変に思いましたが、今は「処分しなくて良かった、1枚1枚見定めて整理してよかった」と思います。
「せっかくあるものなら生かしたい」そんな思いで整理して、着物を活用し始めました。
 
今、着物のお稽古を一緒にしている若い方にも、色々な種類の着物や帯を見せたり、着せてあげられます。
 
皆さんも、お母様やお祖母様の着物は
廃棄しないで出来るだけ生かしていただきたいです。
 
ひょっとしたら、全部は無理でも少しは生かせるかもしれません。
 
今日私が初めて袖を通した姑の着物と帯。

丈が少し短めですが、意外と似合いました。   

 

とりわけ、母や祖母が着ていたものは、体型や髪の色、肌の色が似ていることが多いから、似合うのだそうです。

 
もしお母様やお祖母様のお着物で、サイズが合わない、シミがあるなど、お悩みがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。
ギャラリー凜のスペシャリスト集団がお手伝いさせていただきます。
 

陶磁器を中心に日本の伝統工芸を扱う|山田 聡子のギャラリー凜

山田 聡子のギャラリー凜(北名古屋市)

北名古屋を拠点に、伝統的な作家の逸品を取り扱う【ギャラリー凜】の公式サイトです。
砥部焼をはじめ、萬古焼や九谷焼、織物・着物など各地の作家が生み出す伝統工芸と
その想いをお届けいたします。真珠アート等、伝統を元に生まれた現代的な作品も
扱っています。「匠の技」、「用の美」を日本だけでなく世界に向けて広くご紹介し、
文化交流に繋げています。
お客様のご要望を作家へ取次ぎ、作家と二人三脚で制作するオーダーメイドも承ります。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

屋号 ギャラリー凜
E-mail info@gallery-rin.jp

コメントは受け付けていません。

特集