山田 聡子のギャラリー凜(北名古屋市)

九谷焼 手描き 和洋食器 手起し牡丹文お茶碗(小)

通常価格

4,180

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

※化粧箱等のご要望がありましたらお気軽にご連絡ください。

 

TEL : 0568-25-4454

mail : info@gallery-rin.jp

説明

径11×8cm  

九谷美陶園で作っている人気の手起し形シリーズ※1。   
  

手起しの自然な味わいが好まれ、九谷美陶園では一番人気のシリーズの形です。手起こしの器は手によく馴染む心地がよく、ギャラリー凜のお勧めです。

牡丹は花の王様ですが、北大路魯山人※2が愛して描いた牡丹の絵の写しでが描かれています。
飯碗の他に手起し形の湯呑、マグ、楕円皿、楕円鉢などございます。同じ柄で大きいサイズの飯碗もあります。

 
※1「手起こし」とは手びねりで作った型に、材料を流し込んで焼きあげる方法です。九谷美陶園がオリジナルで作っていて他にはありません。
九谷焼は型よりも絵付で工夫する所が多いですが、九谷美陶園の器は手起こしシリーズは形も拘って作られたものです。

     
※2北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)

昭和の日本を代表する多彩な活躍をした芸術家の一人。陶芸家・篆刻家・料理研究家・書家・画家。京都生。名は房次郎、魯山人は号。大正8年大雅堂美術店、10年に美食倶楽部を、14年に会員制料亭の先駆け、星岡茶寮を開く。料理に適した食器を作陶し、金沢の知り合いの紹介で、九谷焼の窯元、須田菁華(すだせいか)窯ではじめて陶器の絵付けを試みた。昭和34年(1959)歿、76才。

 
<電子レンジ・食洗器使用可能>

※お取り寄せ品につき納期は1週間ほどいただきます。
※在庫切れの場合の納期は、窯元(作家)との相談になりますのでご了承くださいませ。

 
【お取り扱い上の注意】
・本商品は、手仕事による独自の製法で作られたものです。ひとつひとつ多少の個体差がありますことを予めご了承ください。
・電子レンジはお使いいただけますが(金や銀を施した商品を除く)、直火やオーブンでのご使用はお勧めしません。
・洗う場合は、食洗器はお使いいただけますが(金や銀を施した商品を除く)、金属製の硬いタワシのご使用はおやめください。
・商品裏側に生地成型時に出るヨリ(縦線)や小さな凹は製法上の物で、キズや割れではございませんので安心してお使いください。
・原材料の磁土にはごく微量の鉄分を含んでおります。焼成により表面に小さな黒い点が現れる場合がございます事を予めご了承ください。

コメントは受け付けていません。