えんどう窯

白磁

玉川大学芸術学部で
学んだ裕人氏が、
磁土として品質の高い
砥部陶石に魅せられ、
砥部陶石の良さを引き出すため、
独自のブレンドを加え、
釉薬を工夫し、
オリジナルデザインで
新鮮な白磁の世界を
作り出しています。

シンプルモダンで
温かみのある
暮らしの器

日々の器

砥部焼の窯元の一つであるえんどう窯は夫婦で営む小さな窯元です。学生時代に玉川大学芸術学部で学んだ裕人氏が、磁土として品質の高い砥部陶石に魅せられ、砥部陶石の良さを引き出すため、独自のブレンドを加え、釉薬を工夫し、オリジナルデザインで新鮮な白磁の世界を作り出しています。白磁・青白磁を主体とした器を愛夫人と共に一つ一つ丁寧に作っています。毎年開催される東京新宿高島屋での個展でも好評を得ています。

地元で産出される
砥部陶石の質の高さ

遠藤裕人 作品

白磁・青白磁を主体とした器

海シリーズの作品

個展は東京・新宿高島屋で毎年開催

砥部陶石の良さを引き出すため、独自のブレンドを行っている。

遠藤愛 作品