1. HOME
  2. ブログ
  3. お宮参りの服装

お宮参りの服装

先日は初孫のお宮参りでした。

授乳中のお嫁さんは、スーツで参拝するとのこと。
今時のお宮参り事情がわからないので、
着付けの先生や、長老にお尋ねしました。
色々なご意見がありましたが、
私が一番納得したのは、
「お宮参りは、この世に生を受けた赤ちゃんが初めて神様の前にご挨拶に行く行事。結婚、葬儀と同等に大切な行事。 だから一番正式な第一礼装(黒留袖)で参拝するのが本来です。昔は今ほど、医療が発達していなかったから、赤ちゃんの母親は産後の肥立ちが悪かったりして大変(御不浄だと言ったりもしたそうですが)だから、母親に代わって、父方の祖母が赤ちゃんをお参りに連れて行きました。 今はベビードレスを着せる人もたくさんいますが、ベビードレスは本来は洗礼を受ける赤ちゃんが着るものです・・・・・。 」

色々な意見があって当然ですが、私は、赤ちゃんを初めて神様の前にご挨拶にお連れするのですから、一番格が高い服装が相応しいと思いました。
私は迷わず持っている黒留め袖を着る事にしました。
せっかく黒留め袖があるのですもの。

神社では、金髪のお父さんが赤ちゃんを抱いていたり、祖母ではなく若いお母さんが赤ちゃんを抱いていたり、
お参りの仕方は人それぞれでした。
それでいいと思います。
ただ、神様の前に赤ちゃんをご挨拶にお連れする、というお宮参りの意味は忘れずにいたいと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ギャラリー凜からのお知らせ

最近の記事