白潟八洲彦について

白潟八洲彦の世界観

地球誕生とともに火山、鉱物の存在があり、砥部に陶石が埋蔵されている意味を自身に問うた。
陶石は世界中に日本、中国、朝鮮半島、タイなど限られた所にしか存在しない。
砥部は自然豊かな土地、地層には陶石がある。
地球が誕生して46億年、地球上にある水、植物、動物、生物あらゆるものは必要だから存在している。
砥部に陶石があるから砥部焼がある。
白潟の白磁に込めた思い、そこには白潟八洲彦の森羅万象に対する深い愛がある。

砥部焼 白潟八洲彦 白磁 TOBEYAKI  white porclelain

何故大物つくりにこだわるのか?

窯を持った頃は、技術さえ覚えればやっていけると思って技術を磨き精進してきた。
しかし10年程経過した頃、この仕事は技だけでなく、 自身の中身(人間性)で勝負するものだと気付き以降、自分の世界で勝負するようになった。
大物つくりは、ろくろ技術のバロメータになるから挑戦し続けている。焼成後高さ1m超えのろくろ形成を達成。

大物で難しい点

形成する手順をマスターする事

砥部焼 白潟八洲彦 白磁 TOBEYAKI  white porclelain

 

 

砥部焼 白潟八洲彦 白磁  ろくろ TOBEYAKI  white porclelain

 

作品には小動物や昆虫がついているものもあるが、そうしたアイデアはどこから?

作品はいつもひらめきから生まれる。
調子がいい時は作陶中に次に作陶するもののイメージが出来上がる。
40才~50才の作品が一番シンプル。
それを経て培ってきたものの上で現在がある。

砥部焼 白潟八洲彦 白磁 鳥 TOBEYAKI  white porclelain

 

白潟八洲彦 匠の技

こちらの動画は八瑞窯で撮影されました白潟八洲彦のインタビューを元に編集したものです。前半では壺の製作でろくろを回す現代の名工の手をご覧いただけます。また後半では「生命の碧い星」の作陶の様子をご覧いただけます。これは超大型陶器の作成過程が写された大変貴重な資料映像でもあります。

 

 

白潟八洲彦 略歴

1955年 砥部焼道に入(五松園窯 酒井芳人師(従兄)の下・土の手得る)
1968年 青年海外協力隊参加。フィリピン、ソル祖ゴンにて陶芸指導(JOCV)
1970年 大陶愛山窯跡にて八瑞窯創業、油窯築炉、ロクロ師奥義目指
1982年 『白磁壷』愛媛県県展にて美術会大賞受賞
1985年 『染付四君子文蓋付大壺』砥部焼祭新作展特別賞受賞(炎の里蔵)
1987年 愛媛放送奨励賞受賞(白青会員)進入路・橋改修、親柱設置
1990年 皇太子殿下御来県記念『白磁壷』献上(愛媛県)(グレイスフルブチ)
天皇陛下御即位大誉祭祝品謹製
『染付大和式山水絵花瓶』絵付初代中元竹山師合作、献上(愛媛県)
1991年 松山空港大モニュメント『えひめ三美神』制作
1992年 『白い地球(生命の星)』焼成。翌年東京サミットで展示
1993年 天皇陛下御来県記念『白磁石鎚山松山城乃図浮彫壷』献上(愛媛県)
1995年 祝 国連50周年 『生命の碧い星』ジュネーブ国連欧州本部へ砥部町が寄贈
1996年 日本国連協会40周年記念表彰受賞(県内初)砥部町文化功労賞受賞
1997年 タイ、ランパンCDCにて大物ロクロ指導(JICA)
1998年 『白磁器』日本伝統工芸士会会長賞受賞(優秀デザイン優秀伝統技術)
1999年 『白磁獅子頭耳蓋付壷』砥部町文化祭町長賞受賞(砥部町永年保存)
2001年 伝統工芸功績賞(経済産業大臣)優秀技能者賞(県知事)
2003年 アフガニスタン、イスタリフ焼等視察及び調査(国際交流基金)
2007年 愛媛県政発足記念日知事表彰受賞
2009年 現代の名工・卓越技能章受章(厚生労働大臣)
2012年 日中国交正常化40周年 『北京の碧い星』焼成
2013年 黄綬褒章受章(陶磁器製造工)
2015年 『生命の碧い星』J.F.ケネディセンター(米国ワシントンD.C.)寄贈