1. HOME
  2. ブログ
  3. 花器を愉しむ 2:正月花 

花器を愉しむ 2:正月花 

お正月のお花を竹泉古流の華道教室で、家元に教えてもらいました。

白磁に三光松の緑と千両の赤い実が映えます。

こうしたシンプルな生け花が私は好きです。

花材は三光松(さんこうまつ)と千両。

松は、真冬でも青々とした葉を茂らせる為、長寿と健康のシンボルであり、
神の降りてくる依代(よりしろ)。

お正月に新しい年の神様を迎えるよう、門松を飾るそうです。

まつと呼ぶ由来は、神をまつ。神を祀る(まつる)から来ているとか。

千両は、名前がめでたいから正月に飾るそうです。

写真 2014-12-10 18 58 13

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事